MENU

【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

転職サービスDodaに本当に登録すべきだろうか評判は?
Doda他の転職サービスと比べて何がよいのか口コミをしりたい?

「dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

今回は、doda転職エージェントの特徴をはじめ、利用するメリット口コミによる評判などをまとめています。大手とはいえ、実際のところサービスや求人の質はどうなのか、悪い評判から良い評判までリアルな評価がとても気になるところです。

dodaは登録者数が多い転職サービスであるため、悪い口コミも多く見られますが、『利用前に知っておくべきポイント』を知り上手く活用すれば、転職をグッと有利に進めることができます。

またそのほかにもdodaに登録すべきかどうか自信をもって判断できるよう口コミは評判、利用時の注意点、活用ポイントなど全てが分かるようにお伝えしますね

このように感じている人は、ぜひ今回ご紹介する評判を参考のうえ、dodaがマッチするかしっかりチェックしてみてください。

目次

【転職サイト】dodaの口コミ評判がおすすめの3つのポイント

【転職サイト】dodaの口コミ評判がおすすめの3つのポイント
公開求人数※2021年7月30日時点91,762件
職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、主に以下の4つです。

サービス名内容
転職サイトdoda転職求人情報を詳細な条件で検索できる便利な診断・書類作成ツールも利用可能転職イベントの開催
エージェントサービス日本最大級の転職エージェントサービス希望条件や経歴に適した求人情報の紹介転職活動サポート
スカウトサービス企業から直接オファーを受け取れるスキルや経歴を匿名で登録できる書類選考なしで面接が受けられるオファーもある
パートナーエージェントサービス国内の転職エージェント・キャリアアドバイザーと連携した転職サポート匿名でレジュメを登録してスカウトが受けられる

複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

dodaのおすすめポイント1・エンジニア求人が特に多い

dodaは、IT業界やエンジニア職に強いことが特徴です。

エンジニア職でいうと、公開求人件数のうち半数以上を占めており、その中には当然IT業界企業からの求人や、Web関連職の求人も含まれます。専門職のキャリアアップの他、未経験者歓迎の求人もありますから、これらへの転職を希望する人ならメリットを得やすい転職サービスだといえます。

『IT人材白書2020』(IPA)の「先端IT従事者、先端IT非従事者の転職に対する考え方」のデータをみると、「より良い条件の仕事を求めて、積極的に行いたい」「より良い条件の仕事が見つかれば、考えてもよい」を合算した割合は、先端IT従事者※は69%、先端IT非従事者は60%となっています。

ご自身のスキルの客観的評価や現在どんな企業が募集しているのかといった情報を調べるのは個人では難しいこともあります。そんなときはdodaエージェントサービスをご利用ください。

Dodaはエンジニアの求人には非常に優れています。

中には未経験歓迎、学歴不問の求人もあるので、転職でエンジニア職を目指す人も利用しやすいといえます。
 
初めてエンジニア職への転職を考えている人は、アドバイザーに不安なことや気になることを相談してみるのがおすすめです。

dodaのおすすめポイント2・求人件数が多く選択肢に困らない

Dodaは求人件数が多く選択肢に困りません。

Doda転職求人倍率レポートを確認することでdodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

年度/月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
2022年度1.841.851.91
2021年度1.331.261.301.431.561.591.611.762.081.931.781.86
2020年度1.381.281.191.081.181.251.231.321.541.471.391.42
2019年度1.201.161.101.141.261.371.291.341.601.481.381.42
2018年度1.341.231.22

また転職マーケットの概要についても確認することができます。

公式サイトにある求人検索機能が充実しています。

職種や勤務地はもちろん、路線・駅で条件を絞り込むことができます。その他にも年収を指定できたり、「未経験歓迎」などのこだわり条件から求人を探すことができます。

dodaのおすすめポイント3・年収査定やキャリアタイプ診断職務経歴書作成ツールなど転職に役立つ機能

数多くある転職サイトのなかでも、dodaは利用者の多い大手転職支援サービスです。単に転職先を検索できるだけではなく、エージェント・スカウトサービスと連携できたり、年収査定やレジュメビルダーなど便利なツールが利用できたりと、多様なサービスも魅力です。

年収査定 や キャリアタイプ診断 などあなたの強み・弱みや能力、
あなたに適した働き方や企業風土などを多角的に診断します。dodaでは、単純な求人検索以外にもさまざまなサイト機能を利用することができます。

次のようなサイト機能が備わっています。

Dodaサイト機能
  • ノウハウ、エピソード、Q&Aなどの転職コラム
  • 適正年収査定
  • 人気企業300社の合格診断
  • レジュメビルダー
  • 「自己PR」発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • はたらく女性のためのモヤモヤ解消診断
  • オンライン仕事力診断

キャリアタイプ診断

dodaのおすすめポイント3・年収査定やキャリアタイプ診断など転職に役立つ機能

120問の質問に答えることで、自身の「性格」や「向いている仕事スタイル」、「向いている企業風土」などがわかる。所要時間は10分程度。

エゴグラム適職診断

dodaのおすすめポイント3・年収査定やキャリアタイプ診断職務経歴書作成ツールなど転職に役立つ機能

dodaが提供する適職診断には約200万人の会員データを元にした診断ツールも用意されているため、正確な結果が期待できますので期待の効果がでてくると思います。50問の設問に回答することによって、自身の性格と「適職」を診断してくれる。

50問の設問に回答することによって、自身の性格と「適職」を診断してくれる。年収査定のメリット

今の年収は、自分に見合っているのか不安
これから先、年収がどんな風に変わっていくか気になる
転職をするなら、どれくらいの年収を目指せばいい?

ICQキャリアタイプ診断では、あなたの「強み・弱み」「どんな仕事がしたい」のかを正確に把握することができます。診断を受けた結果から、あなたに最適な職場・仕事を選ぶことができます。

キャリアタイプ診断メリット
  • 性格・気質傾向
  • 能力傾向
  • 行動基準
  • あなたに向いている仕事スタイル
  • あなやに向いている企業風土

dodaには「レジュメビルダー」と呼ばれる職務経歴書作成ツールがあります。

「職務経歴書ってどうやって書けばいいの?」と悩んでいる人もいることでしょう。レジュメビルダーでは、自動挿入のサンプルを参考に職務経歴書を簡単に作成することができます。

作成した職務経歴書はWord・PDFファイルでダウンロードが可能です。

doda転職フェア

dodaのおすすめポイント3・年収査定やキャリアタイプ診断職務経歴書作成ツールなど転職に役立つ機能

多くの企業が出展する転職イベントです。企業の担当者に直接話を聞ける機会があります。

dodaスマホアプリ

空いた時間にスマホで簡単におすすめ求人をチェックできます。企業からのオファーや選考状況も「プッシュ通知」でお知らせしてくれるので見逃さないです。パソコンやスマートフォンで気軽に参加できるものが多く、仕事で忙しい人にも活用しやすいです。利用にはdodaの会員登録が必要ですが、無料で利用できるので、ぜひ参加してみましょう。

dodaのメリット・デメリット

dodaのメリット・デメリット
メリットデメリット
非公開求人の数が多いサイト機能が充実している手厚いサポートが受けられるさまざまなイベントを開催している地方の求人にも対応しているキャリアアドバイザーの対応に差があるメールが多すぎると感じる人もいる放置するとサポートが終了することがある

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられる主なサポートは次のとおりです。

エージェントサービス

キャリアプランの提案
求人情報の紹介
転職活動のスケジュール作成
応募書類の添削
面接対策
応募書類の提出
企業との調整・交渉

初めての転職でどう進めるべきかわからないという人にも、一つひとつのステップにサポートが充実しているため安心です。

dodaのメリット1・転職者に適した非公開求人を多数紹介

転職者に適した非公開求人を多数紹介しています。その中でも非公開求人を多数紹介しているのがDodaのメリットになりますね。

dodaは非公開求人を含んだ10万件以上の求人から絞り込んで、あなたにあった求人を紹介してくれます。dodaでは、豊富な非公開求人のなかからそれぞれの職種や業界に特化したキャリアアドバイザーによる求人紹介を受けられます。紹介される求人情報が多いので、より希望に沿ったものを選んで応募に進むことができます。

dodaを利用するなら、ぜひエージェントサービスを活用して転職活動に臨みたいですね。

リクルート
エージェント
リクナビNEXTdodaマイナビ
エージェント
公開求人数149,442件41,592件79,317件20,120件
非公開求人数159,776件7,978件52,353件21,656件
合計求人数309,218件49,570件131,670件41,776件

DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせて紹介してくれたもののみが見れます。検索で全部が見れるわけではなかったです… 登録して少ししたら、DODAから連絡(電話でした)が来て、非公開求人を紹介してくれるようになりました。

DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせdodaを使ってましたがリクナビはエージェントがあんまりだったので退会して、最終的にdodaに来た企業からのプレミアムオファーで非公開求人に応募できました

https://twitter.com/mogitate_q/status/1227104350301900800?s=20&t=VQAx08iorkjmJlPOaReUyQ

・紹介してくれる求人数が他のエージェントよりも多い、毎日新しい求人をピックアップしてくれる
・キャリアアドバイザーも親しみやすく、安心して任せることができる
・職務経歴書作成のシステムが使いやすく、他社での応募時にも使えて便利
・面接前に営業担当から企業のHPに載っていない詳しい情報を教えてもらえるので、企業について理解がしやすい

dodaのメリット2・ 地方の求人も多く掲載

転職エージェントでは都内が多く、地方ではすくないのではないかと心配になるかたもいるかもしれません。その点Dodaは安心て大丈夫です。

九州福岡での転職なら、dodaの求人数が最も多かった。実際に登録して4つの転職サイト求人数を調べた結果。
個人的にリクルート一強だと思っていた中国・四国地方もdodaが強い。

dodaでは地方の求人も多いとして、利用者から評価されています。地方での就職や転職を考えているのなら、dodaを利用してみましょう。

dodaのメリット3・ アドバイザーの対応が迅速

dodaエージェントは、dodaが提供する転職サービスのうち「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。転職エージェントでは、まず求職者の経歴やスキル、希望や要望をヒアリングし、持っている求人情報の中から条件に合う求人を探して紹介します。

転職で重要になるのは「自分の市場での価値」と「今の業界ごとの転職事情」ですが、どちらも自分だけで正確に知ることは至難の業です。dodaエージェントでは求職者一人ひとりにキャリアアドバイザーという、いわば「転職のパートナー」がつき、求職者の転職をサポートします

下記の口コミにあるようにDodaのアドバイザーは他のエージェントサービスに比べても迅速と感じている人は多いですね。。

dodaの人対応爆速でわらったぞ。

DODA:登録したら翌日に電話寄越してくれる快速ぶり、対応も親切

dodaのデメリット1・求人数が多いのでブラック求人可能性も

大企業や中小企業など、全国各地の求人を保有しているため、多くの求人から選びたい人に特におすすめです。
 
希望に合う求人を探しやすく、転職が成功する確率も高いといえます。

求人が多いことはとてもよいのですが、dodaは求人数が多い分、中にはブラック求人も紛れ込んでいる可能性もあります。

大手転職サイトでは、ブラックな求人は候補から外します。ただ数が多いので、新規に追加された企業の中にはブラック企業が紛れていることは否定できません。

ネットで調べても情報が出てこないような企業へ転職する際には、コンサルタントと入念に相談して見極めるようにしましょう。

dodaのデメリット2・担当者の当たり外れ

希望する業界や職種に詳しくないキャリアアドバイザーが担当することがあります。キャリアアドバイザーの交代をお願いすることも可能ですから、困ったときはまず相談してみるとよいでしょう

dodaは用意されているコンサルタントの数が多い分、担当者の当たりはずれも多いという評判も多いです。
若いスタッフも多いので、ミドル層で転職を考えている人の中には、年下が担当することに不安を覚える方もいるようです。

その他にもやはり担当者によって品質にさがあるのの多いですね。

手厚いケアは良いですが、電話をかけてくる頻度が非常に多いです。
エージェントを通してだけ応募できる求人に関しては、企業様に履歴書が届く前に、dodaの担当者が振るい落としているという噂があり、応募すらさせてもらえていないということもあるそうです。なぜか希望していないにも関わらず、営業職ばかりおすすめされます
エージェントに登録すると、2種類のカウンセラーからメールが毎日10件以上届きます。カウンセラー同士の繋がりも薄く話がかみ合っていないこともあります。。

担当者に寄って対応の品質にばらつきがあると感じました。
初めて利用した時の担当者は非常にレスポンスもよく親身になって対応していただけましたが
2度めに登録した際は応募しても社内選考中ですの一点張りで全然選考が進みませんでした

担当者に寄って対応の品質が違います。初回の利用した時の担当者は非常にレスポンスもよく親身になって対応していただけましたが2度目の担当者は応募しても社内選考中ですの一点張りで全然選考が進みませんでした
また求人の紹介等もほとんどない上に連絡をした際の折返しの電話も無い担当者でした。

担当者の変更を求めた所、問題は解決しましょう

dodaのデメリット3・転職を急かされる

dodaは用意されているコンサルタントの数が多い分、担当者の当たりはずれも多いという評判も多いです。
若いスタッフも多いので、ミドル層で転職を考えている人の中には、年下が担当することに不安を覚える方もいるようです。。

その他にもやはり担当者にヒアリングが急がされるなどの問い合わせが多いようです。

担当者に寄って対応の品質にばらつきがありすぎ。初めて利用した時の担当者は非常にレスポンスもよく親身になって対応していただけましたが2度めに登録した際は応募しても社内選考中ですの一点張りで全然選考されません。

やはりデメリットは担当者によって大きいところがありますね。これは変更してもらうことは可能ですので自分にとってあわないと感じるエージェントであれば、遠慮なく変更を依頼しましょうね。

担当エージェントの対応が丁寧だったという口コミが多くありました。
こまめな連絡や面接の原稿作成の手伝いなど、親身になって転職活動をサポートしてくれる方に変更も検討してみましょう。

dodaの良い口コミ・悪い口コミ

悪い口コミがあるからといって、dodaに登録しないのはおすすめしません。

悪い口コミでも登録したほうがよい理由
  • dodaはキャリアアドバイザーの対応が親身
  • 無料で多くの求人をチェックすることができる
  • 転職セミナーで気になる企業に直瀬に応募できる

¥幅広い業界の求人を取り扱い、また専任エージェントによる丁寧なサポートが魅力のdodaですが、実はサービスを受けるにあたって1つ注意点があります。

キャリアカウンセリングサービスの利用期間は3ヶ月と決められていること。

定められた3ヶ月のうちに、面接・履歴書対策や非公開求人の紹介などエージェントによるサポートが行なわれますが、期間内に転職活動が終わらないとキャリアカウンセリングサービスを受けることができなくなってしまいます。

スカウトサービスは3ヶ月の期間を超過しても引き続き適用されますが、便利なキャリアカウンセリングサービスを利用できなくなるのは転職者にとって痛手となるでしょう。

スカウトサービスは3ヶ月の期間を超過しても引き続き適用されますが、便利なキャリアカウンセリングサービスを利用できなくなるのは転職者にとって痛手となるでしょう。

これは転職活動にかける期間が平均すると2〜3ヶ月程度といわれているためです。
 
転職期間を長引かせないように、キャリアアドバイザーと話し合い、転職活動のスケジュールを考えると良いでしょう。

20代の口コミ評判

20代の利用者からは、限定的な求人も探しやすいだけでなく、エージェントのアドバイスが的確との意見が見られました。これまでの経歴を踏まえ「実現できる条件と難しい条件をきちんと指摘してくれた」ことを評価しています。

相手に不都合なことは言いづらいものですが、dodaの担当者は必要なことをしっかり伝えてくれているようです。

面接前には「想定される質問や望ましい回答」など具体的かつ実践的にアドバイスしてもらえたことからも、求職者の転職を成功させることが最重要とされていることがわかります。

リクルートエージェントとdodaは保有求人数が他社に比べて圧倒的に多い。まずは転職活動するにあたって絶対に登録しておきたいエージェントであることは間違いありません。

30代の口コミ評判

30代の利用者からは、 「圧倒的な求人数に中から、希望を重視して求人をピックアップしてくれる」とdodaを高く評価しているようです。

応募書類の志望動機や転職理由はアドバイザーが深掘りしてより具体性があるものに仕上がり、「これがなければ不採用だっただろう」とのこと。

とりあえず転職のためにdoda登録してみたが30超えて学校しか知らない人が転職できるほど世の中甘くない。 教師で転職考えてる人は20代でさっさと転職するべき。 今の日本の教育現場に未来はない。 増える仕事と残業とクレーム。 もらえない給料。 これでも続けられる人はまじ仙人。

40代の口コミ評判

30代30代の利用者からは、 「圧倒的な求人数に中から、希望を重視して求人をピックアップしてくれる」とdodaを高く評価しているようです。

スピーディーな求人の選定のみならず、各種の転職セミナー面接対策などもあり、高評価としています。

JTC大企業出身だったり、自分のキャリアに自身がある人はリクルートとかDODAみたいな大手エージェント使っても転職できるかもだが、そうでない人はなかなか難しい。そんな人は、JACや外資系エージェントのような、両面型エージェントを使ってみて欲しいです。そっちのほうが上手くいくと思う

50代の口コミ評判

JTC大企業出身だったり、自分のキャリアに自身がある人はリクル先週応募した案件についてDODAからNG連絡がまとめて月曜日に来る。以前DODAからスカウトされて転職したことがあったので利用しているがあるサイトを見ると50代でDODAは意味がないようだ

男性の口コミ評判

転職、DODAに登録して今日色々話聞いてもらったけど今後の方針決まったしやはりプロに相談が一番やな 8月中には気になってるとこの面談までもっていきたい そして理想12月には新しいところで働きたいな・・・がんばろ

女性の口コミ評判

転職、DODAに登録して今日色々話聞いてもらったけど今後の方怪談蛇女、いまから女二人で金持ちの家でただ働きですわ……地獄よりもっとひどいかもしれんですわ……のあとすぐにDODAの広告を挟むでないわよ 末さん、転職するならDODAですわ!

dodaの良い口コミ評判1

本日DODAさんのキャリアアドバイザーさんと打ち合わせ( ; ; ) ほんとにありがたい( ; ; )

dodaの良い口コミ評判2

今働き始めて数ヶ月経ちましたが、工場勤務、現場作業、研修期間中の残業などでもう転職考えてます。 てなわけでDODA見とったんだけど、かの就活難易度高くて社名がかっこいいことで有名なINPEXが第二新卒募集しててびびった。 何故そんな会社が募集しとるんや…

dodaの良い口コミ評判3

dodaアドバイザーの人話しやすかった〜 転職市場の状況や気になる業界の状況聞けたのはよかったかも

dodaの悪い口コミ評判1

転職活動本腰入れていくぞってことで、dodaでエージェントさんとの面談日きめたっリクナビネクストは複数のエージェント会社?からオファー?とかいうのが大量にきてよくわからんーーーーとなってしまい、一旦放置

担当のキャリアアドバイザーが合わない場合には担当変更を申し出ましょう。転職エージェントを利用した転職活動は、担当者との相性によって結果が大きく左右されます。

dodaの悪い口コミ評判2

転職活動にてdodaを使い、現在30社応募して25社は書類選考で見送りになり、1社内定。他4社は現在進行形。 優柔不断のせいでナヨナヨやっているけど数字で見て頑張ってると思いたい

dodaのサービスだけに限定して利用する必要はありません。必要に応じて複数の転職エージェントや転職サイトを併用することで、転職活動がより効率的に進む場合もあります。

転職エージェントや転職サイトは、それぞれ特徴や得意とする業種・エリアなどが異なります。複数のサービスを併用することで、それぞれのメリットを得ることができます。

dodaの悪い口コミ評判3

DODA、type、リクナビ見て応募してるけど、リクナビしか書類通らないし、リクナビが圧倒的にサイト見やすいみなさんはどの転職サイトがお気に入りですか?

dodaはどんな職種に強い?対応地域は?

dodaの対応地域は?

dodaは全国に12ヵ所の拠点を構えています。都心のほうが求人数が多い傾向ではありますが、地方や海外の求人も取り扱っており、全国各地の転職活動に対応しています。転職サイトでは勤務地で絞った求人検索も簡単です。都道府県やエリア、路線からより狭いエリアで求人を探すこともできます。

全国各地の求人情報を掲載している。それがDodaで。
地域によっては案件数が少ないこともあるようです。勤務地で探す機能もついております。全国各地に拠点もありますので求人も多くあるのがわかりますよね。

dodaキャリアカウンセリング拠点一覧は下記になります。dodaは、全国に30拠点を置き、各地域との関係を築いています。 地域の企業の魅力や、企業が求めている人材をしっかりとヒアリングし地方企業の求人情報を提供します。 これまでに80社を超える金融機関と提携し、累計10,000件以上の求人を紹介。

dodaキャリアカウンセリング拠点一覧です。下記のように全国にあります。
転職活動をするのなら、平行して地方専門の求人サイトに登録することをおすすめしますが、エージェントサービスなども活用しつつ地方への転職を目指すのならdodaはあなたにとって頼れる相棒となるでしょう。

支店名dodaキャリアカウンセリング拠点一覧
北海道第二オフィス〒060-0001北海道札幌市中央区北一条西4-2-2 札幌ノースプラザ9F
東北第二オフィス〒980-0013宮城県仙台市青葉区花京院2-1-65 いちご花京院ビル4F
丸の内第二オフィス〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル8F
横浜第二オフィス〒221-0056神奈川県横浜市神奈川区金港町1‐4横浜イーストスクエア5F
静岡オフィス〒422-8067静岡市駿河区南町18-1サウスポット静岡16F
中部オフィス〒450-6414愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12大名古屋ビルヂング14F
京都オフィス〒600-8008京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20四条烏丸FTスクエアビル 4F
関西オフィス(GFO)〒530-0011大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪タワーB 17F
神戸オフィス〒651-0088兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-1日本生命三宮駅前ビル11F 
岡山オフィス〒700-0907岡山市北区下石井2-1-3岡山第一生命ビルディング14F
広島オフィス〒730-0011広島県広島市中区基町11-10合人社広島紙屋町ビル4F
九州オフィス〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡13F

各地方への転職を考えている方におすすめのdoda。10万件以上の求人数を誇るため、首都圏だけでなく各地方へUターン転職、Iターン転職を考える人にも対応できるだけの情報量があります。

20代や初心者・未経験の求人数は多い?

Dodaの年齢層です。

年齢層割合
24歳以下22.8%
25~29歳30.7%
30~34歳 16.6%
35~39歳 10.0%
40歳以上19.8%

20代~34歳の若年層が対象ですが、転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調査)の実績もあり、人気・実力ともに兼ね備えたおすすめの転職エージェントです。

Dodaはもちろん求人数が多いです。それでは未経験でも求人数が多いです。ただ業界によるところもあります。20代後半、初めての転職、転職経験者にはおすすめなのがDodaです。

年収アップをしたいけど交渉できるか不安な方はぜひ登録、または未経験でキャリアチェンジをしたいかたもお勧めします。

下記は転職しやすい業界です。

【未経験でも転職しやすい業界】

・IT業界
・建築業界
・製造業界
・運輸業
・専門商社
・接客業
・巨大産業

【未経験でも転職しやすい職種】

・公務員
・営業職
・介護職
・コンサルタント職
・ITエンジニア
・生産技術、製造技術、品質保証

事務など女性におすすめの求人は多い

求人サイトとしてのdodaは幅広い業界・職種の求人を豊富に取り揃えており、女性におすすめです。

女性向けのピックアップ求人特集ページでは残業時間20時間未満・フレックス勤務・第二新卒歓迎・固定給25万円以上など、女性に人気の検索条件から簡単に求人を探せるようになっています。

女性むけ求人数概要
求人数公開求人:約125,920件
非公開求人:約159,160件
女性活躍中:約28,780件
産休・育休取得実績あり:約14,430件
原則定時退社:約12,260件
育児・託児支援制度:約900件
学歴不問 :約12,900件
第二新卒歓迎:約12,850件
転勤なし:約10,950件
業種未経験歓迎:約1,220件
事務系職種:約4,420件
Dodaの女性のおすすめ

・全年代の女性
・たくさんの求人を閲覧したい女性
・面接確約オファーで面接を受けたい女性
・転職エージェントの利用も検討している女性

30~40代のハイクラス求人は多い?

「十分なキャリアや誰もが認める実績がありながら、さらに上のゴールを目指して成長し続けるビジネスパーソン」向けに用意した「ハイクラス・エグゼクティブ」向けの転職支援サービスがございます。

年収300万円以上の求人数64,708
年収500万円以上の求人数56,436
年収700万円以上の求人数30,135
年収1000万円以上の求人9,325

特に機械・電気・メーカー業、IT業、サービス業などが強いです。転職を機に年収アップを目指している方や、安定した収入のお仕事を探している方におすすめします。

30~40代にはdodaエグゼクティブ(現在は「パーソルキャリア エグゼクティブエージェント」)は、大手転職サービス「doda」が、ハイクラス(高い専門性、管理職クラス、経営・幹部候補、エキスパート等)向けに特化した転職サービスです。

サービス名dodaエグゼクティブ(パーソルキャリア エグゼクティブエージェント)
対応エリア全国
利用者層管理職・年収800万円以上のエグゼクティブ
企業名パーソルキャリア株式会社

非公開求人として一般には出回っていない、「幹部層(CEO・COO・CFO・CIO)」や「管理部門・営業部門」の責任者、その他各専門職(ITやエンジニア職、コンサルティング、金融等)のスペシャリスト向け求人情報も、数多く取り扱っています。

50~60代以降の求人は多い?

正社員として働いているビジネスパーソン1000人に、何歳まで働きたいかを聞いたところ、男性93%、女性73%と大半の人が、60歳以上まで働きたいと考えていることがわかりました。

「65歳」という回答が男女共に最多で、男性が46%、女性は38%。回答理由を見てみると、「年金受給までは働きたい」が半数以上を占め、多くの人が定年退職から年金受給までの期間が無収入になることに不安を感じているようですね。

Dodaでは50~60代以降の求人を多くそろえていますのでどうぞ申し込みください。

50~60代の採用で重要なこと

・マネジメント経験
・スカウトしてでもほしいと思わせるスキル・経験
・自社の組織風土にマッチするかどうか
・現状の組織体制とのバランス

マネジメント層採用の場合は、現状の組織体制とのバランスも判断材料になり、年齢や人柄、もともといる社員とうまくやれるか、などさまざまな要素が検討されるため、経験・スキルなど応募者の能力や経験“以外”の部分で「不採用」になるケースも珍しくありません。その意味では、書類選考に通過しなかったからといって、落ち込む必要はありません。できるだけ応募数を増やして、「相性」の合う会社と出会う確率を増やしましょう。

掲載求人数はどのくらい?

各社の求人の取り扱い状況については、公式サイトの登録前後で非公開求人数に差があるのかを調べてみました。

転職エージェント非公開求人数公開求人数
doda9万4589件3万5283件
マイナビエージェント非公開非公開
リクルートエージェント18万4856件12万9977件

重複する求人があるものの非公開求人などは重複などはない可能性があります。大手三つの求人に登録するのはおすすめですね。登録後に見れる求人もありますのでご確認ください。

登録前登録後
閲覧・紹介
可能求人数
9万4589件
(公開求人のみ)
13万5483件
(公開求人・非公開求人)

dodaは、CMでも人気タレントを起用するなど大手転職エージェントの1つで、企業とのつながりが強く採用情報も豊富にあります。

どんな業種に強い?求人の業種について

Dodaは様々な業界に対応しています。それはもちろん大手だからです。

リクルートエージェントとは求人数に開きがありますが、それでもエージェント全体で見れば、dodaの求人数はかなり多いと言えます。

職種と件数は以下のようになります。

どんな業種に強い?求人の業種について
職種件数
営業約15,050件
技術(IT・エンジニア)約19,000件
技術(化学系)約1,550件
技術(機械・電機)約10,580件
企画・管理(総務・経理・人事・広報など)約10,370件
販売・サービス約3,890件
クリエイター(広告・Webマーケなど)約3,250件
事務約2,370件
専門職(コンサルなど)約2,110件
医療・福祉約2,263件

また、dodaだけが保有している独占求人も豊富なため、、dodaに登録しておけば求人の選択肢を大幅に広げられるでしょう。

また、HiPro Tech (ハイプロテック)とは、パーソルグループのパーソルキャリアが運営するIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスです。そのほかDodaのITエンジニアのサイトもあります。

エンジニアと企業が直接契約を締結することがサービスの特徴です。エンドユーザー直請けの案件が豊富にあり、高額報酬および中長期的な報酬の増加、継続的な案件への参画が可能です。

正社員求人数は多い?

Dodaは様々な業界に対応しています。正社員の求人数ももちろん多いです。。

求人票 フォーマットの転職・求人情報ページ:公開求人数30件。「完全週休2日制」「職種・業種未経験歓迎」など、条件にあった検索ができます。

パート・バイト求人数は多い?

Dodaはパートやバイトに関しては求人数が多いとは言いにくいです。そのため、別の転職サービスに登録するのがよいかもしれません。

派遣求人数は多い?

Dodaはパートやバイトと同様で派遣にも同様のことがいえます。そのため、別の転職サービスに登録したほうがよいでしょうね。

dodaの登録・利用の流れについて

登録までの流れ1・会員登録(会員登録なしでも求人検索は可能)

dodaの公式Webサイトにある登録画面から個人情報を含むサービスに必要な情報を入力します。すると専用の「会員ページ」が利用できるようになるため、ここからプロフィールや職務経歴書を登録しましょう。

Dodaの登録情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住んでいるエリア
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 最終学歴・卒業区分
  • 現在の勤務状況
  • 転職回数
  • 直近の勤務先会社名
  • 業種・職種
  • 年収

これら全ての項目を入力すると、ボタンの表記が「会員登録する」に変わるので、クリックします。

個人情報の入力を求められるので、進めていきます。生年月日など
全て該当する箇所をクリックしていきます。性別・住んでるエリア・電話番号など、11項目を順番に選択・入力していきます。

選択によって、項目内容や項目数は多少変わります。

「任意でお答えください」では現住所などを任意で入力できますが、こちらで入力しておくことをオススメします。

スカウトサービス」は、企業からのスカウトを受けたい場合はチェックを付けておきましょう。

パートナーエージェントサービス」は、DODAのエージェント以外からもエージェントサービスを受けたい場合はそのままでいいですが、ひとまずDODAだけでいいのであれば外しておきましょう。他にも、詳しい現住所や学歴、自己PRなどのプロフィールを詳細に入力しておくこともできます。ここで入力しておくと、応募やエントリーにも活用できるので便利です。

登録までの流れ2・doda履歴書を登録

doda履歴書のサイトにも記載されています。

履歴書はすべての項目をしっかりと見栄え良く埋めていくことが大切な書類です。

「JIS規格」「厚労省様式」だけでなく、「経歴を強調できる」「志望動機を強調できる」「スキル・強みを強調できる」履歴書のテンプレートをご用意。ファイル形式(Word・Excel・PDF形式)やサイズ(A4・A5)ごとに、さまざまなパタ―ンをそろえています。自分が書きたいこと、アピールしたいことに適したフォーマットを選んで履歴書を作成しましょう。

登録までの流れ3・職務経歴書の準備

面談をスムーズに進めるには、履歴書や職務経歴書を事前にキャリアアドバイザーに送付しておいたほうがいいです。付しておけば面談までに履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる。また面談の際にこれまでの経歴を一から話す手間も省ける。

履歴書には、基本的なテンプレートのほか、応募企業にアピールしたい内容に応じて欄のボリュームや補足項目を追加したテンプレートがあります。履歴書を作成する際、たとえば「豊富な経歴を詳細に伝えたい」、「職務経験が浅いのでヒューマンスキルを強調したい」、「志望動機をしっかり書きたい」など、人によって協調したいポイントは異なるもの。

応募後の流れ1・企業側からのメッセージの確認

希望に沿った求人があったら、面接日程の調整を含めアドバイザーが企業へ応募代行してくれます。もちろん求職者の意思を確認してからの応募になるため、不安などあればこのときに申し出ましょう。応募書類の作成や面接対策も企業に合わせてアドバイザーがしっかりアドバイスしてくれます。

返信不要と記載されているもの以外すべて返すのが望ましいです。求職者の条件や経歴に見合う求人がない場合、そのまま放置されてしまうケースがあります。中には「ご希望に添うことができない」と返信がくることもありますね。


doda担当キャリアアドバイザーが多くの求職者を抱えています。

 メールの返信が遅れてしまう可能性も考えられます。現在多くの求職者が転職エージェントを利用して転職活動をおこなっているからなんです。

Dodaに限らずですが大手転職エージェントの場合は、担当者が異動もしくは退職があります。退職した際の引き継ぎがきちんとできておらず、結果的に放置されてしまうというケースも聞きます。転職エージェントは求職者側もきちんと見極めなければなりません。

応募後の流れ2・合否の通知

応募後の流れ2・合否の通知

社内調整を行っている

企業によっては、複数部署の関係者が選考を行い、合否を出すのに意見をまとめるケースもあります。関係者間で意見が分かれたり、最終決定権をもつ責任者が多忙や休暇中などで判断を仰げなかったりすると、社内調整に時間がかかります。その結果、合否通知も遅れてしまうことがあります。

他の応募者との調整を図っている

採用人数が限られていて、すでに内定を通知した応募者がいる場合、内定を承諾するか辞退するかの回答を待ってからでないと、他の応募者の合否が決められないことがあります。また、同じようなスキルや経験を持つ応募者が複数名いる場合、企業は応募者全員と面接を行った上で合否を決めたいと考えることもあります。

採用担当者が多忙で手が回らない

応募が殺到し、面接人数が大幅に増えた場合、採用担当者は社内調整や確認作業などの対応に追われ、選考期間が延びることがあります。募集しているポジションの現場責任者が面接官を務める場合も、担当業務が忙しいと選考の検討に時間がかかることもあります。

応募後の流れ3・合格の場合は面接日の調整

日程調整に時間がかかるとその間に他の応募者に内定が出てしまう、といったケースもあります。

書類選考を通過したら、企業との面接です。事前に面接対策をおこなっていれば、自信を持って対応できます。

面接当日は、提出書類や服装などを再チェックしましょう。

 在職中などやっと現職との調整がついたとしても、調整した日程がすでに埋まっている可能性もあります。

応募先企業の採用担当者から日程調整のメールを受け取ったら、自身の調整がつく範囲で、できる限り早めに対応するようにしましょう。

「大変申し訳ございません。現職の業務の都合で日程が分かるのが●月●日になります。●日までにご連絡させていただきますので、よろしくお願い申し上げます」

応募後の流れ4・合格の場合は面接の実施

合格したらもちろん面接の実施です。面接の場合には受ける前にリクルートエージェントのセミナーをうけてみるのもいかがでしょうか。

Dodaの面接対策完全ガイドでは「転職の面接なら何でもおまかせ」の面接対策の完全ガイド。質問・回答例やマナーなど、転職における面接突破のノウハウとコツをご紹介します。書類選考を通過したら、面接前にぜひ一度ご確認ください。

応募後の流れ5・面接の合否の通知

面接の結果、採用が内定した後も、就業条件など交渉が必要な場合はアドバイザーが代行してくれます。勤務中なら退職の意思を伝え手続きし、新しい企業への就業に備えましょう。

「○日までに結果を連絡する」と聞いていたのに、期日を過ぎても連絡が来ない場合は、こちらから問い合わせても問題ありません。


急ぎの事情がない場合、まずメールで問い合わせてみてください。

「第2志望企業から内定が出て、承諾するかどうか返事をしなくてはならない」など、急いで結論を知りたい場合は、採用担当者からいつ返信が来るのか分からないため、電話で問い合わせましょう。

メール・電話いずれの場合もまずは先日の面接へのお礼を述べ、回答が遅いことに対して不満を感じているような表現は使わないようにしましょう。

合否をストレートにたずねるのではなく、「いつ頃、結果の通知をもらえるのか」「いつ頃までに連絡がほしい」といった伝え方だと、採用担当者も答えやすくなります。

なお、早く結論を知りたい場合は、その理由も伝えてください。「他社でも選考が進んでいる」「他社で内定が出る見込み」といった理由でも、正直に伝えて差し支えありません。企業側が採用の方向で検討していた場合、「早めに内定を出したほうがよさそうだ」と判断し、決裁を急いでもらえる可能性もあります。

応募後の流れ6・合格の場合は内定通知

面接が終わって後から「内定連絡はいつなのか」という質問は、せかされている感じがして、評価が悪くなる場合もあるので、最終面接時の時に内定通知時期の説明がない場合は、面接官に聞いておいた方が無難です。

面接時に「内定通知の時期はいつ頃か」と聞いておくことで、通知時期を数日過ぎた後に連絡をする事は問題ありません。面接時に通知時期を聞き忘れた場合は、面接が終わった日から1週間~10日程度過ぎて連絡がない場合にエージェントに連絡をしてみましょう。

応募後の流れ7・入社に関することや条件などの調整

内定が成立した際に締結される労働契約は、始期付解約権留保付労働契約といいます。「就労の始期」と「解約権留保の2つの条件を交わす必要があります。

「就労始期付」とは、内定者が実際に就業を開始する日を労働条件に加えることで、例えば新卒採用では、卒業後の4月1日が就業開始日になるでしょう。「解約権留保付」とは就業開始日までの間、企業が内定者との解約を保持する(解約できる)ことを労働条件に付けることです。

内定を得たら退職交渉や入社に進むことができます。希望の企業から内定が決まるまで、求人紹介と面接を繰り返していきましょう。転職活動は平均2~3ヵ月かかります。

doda(パーソルキャリア株式会社)の会社概要

社名パーソルキャリア株式会社
英文社名PERSOL CAREER CO., LTD.
本社所在地〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F 地図
代表電話03-6213-9000
資本金1,127百万円
事業内容人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援、副業・兼業・フリーランス支援サービスの提供
従業員数(単体)4,538名(有期社員含む グループ会社出向中の者は除く 2022年3月1日時点)
有料職業紹介事業 許可番号13-ユ-304785
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次